こうべ全国洋舞コンクール2014

こうべ全国洋舞コンクール2014、無事終了しました!

長いようで短かったGW!

 

畑戸利江子ちゃん、8位おめでとう!

とても素敵なダイアナを見ることができました(^^*)

 

毎回コンクールが終わって、思うことはいつも同じ。改めて感じた事、それをスタジオに持ち帰って、生徒のみんなに伝えなくては。

 

コンクールに参加したメンバーの子たち、今回舞台に立って、踊って、何か一つでも学ぶことができましたか?自分に足りない部分は何なのか分かりましたか?それは日々のお稽古で先生に注意されていることですよね。1回1回のお稽古を、疎かにしてはいけません。

結果が良かった子も、悪かった子も、自分自身を見つめ直してほしいと思います。結果よりも過程が大切だと何度も言っていますが、努力をしている子には必ず結果がついてきます。頑張って、と人に言われても自分自身が変わらないと何も成長しません。努力をしたのに結果が出なかった子は、それだけでは努力が足りないということ。もっともっと努力をしている人がいるんだと素直に受け止めて、もっともっともーっと努力をしてください。

 

さて、次の舞台は発表会。

悔いの残らないように、今からやるべきことをやりましょうね!

 

 

Mako.

カテゴリー: インテンシブクラス, コンクール, ボーイズクラス, 本部スタジオ, 発表会 |

「将来の夢」

☆☆スプリングキャンペーン実施中!!☆☆

 

こんばんは!コンクールぶりの更新です(^^)

先日、とあるスタジオでの生徒の会話がステキだったので、紹介しますね♪

 

エレメンタリーB(1年生から3年生)クラスで、6人くらいの子どもたちが将来について語り合っていました。よくよく聞いてみると、小学校が始まり、新クラスのみんなに自己紹介をする授業があったそう。自分の名前、好きな食べ物、将来の夢…と言わなくてはいけなくて、すごく大変だった!と私に話してくれました。

 

Aちゃん「Bちゃん、将来の夢なんて言ったの?」

Bちゃん「んー2つあって悩んだから、2つ言った!」

Cちゃん「私だったら「バレリーナ」って言うなぁ!」

Bちゃん「私もそうだよ!バレリーナになりたいんだけど、まだ体が硬いからパティシエもいいかなって思って。だから今は2つ!」

Aちゃん「私もバレリーナ!みんなでなろうよ!」

B・C・D・E・Fちゃん「それいい考え!」

 

このやりとりを聞いたとき「私は、こんなにバレエが大好きな気持ちを持った子たちに囲まれているんだ」と嬉しくなったと同時に、子どもたちのこういう気持ちを大切にしたい!と強く思いました。

子どもたちだけでなく、大人にも「バレエが大好き!」「踊るの大好き!」という気持ちを忘れずバレエを続けてほしい!!大人になると、色々な事を色々な方面から吸収して、自分の中で葛藤することがある思います。でも、今は今しか無いから、今、自分に出来る事を精一杯やれば 少しでも夢に近づけるんじゃないかな。この一瞬一瞬は過去になってしまうけど、努力していたら無駄な「今」は1秒も無いと思います。

怪我や病気、ちょっとバレエから離れたい…と、お休みしてしまうのには個々様々な理由があると思いますが、絶対に「バレエが好きだ」という気持ちを常に持ち続けてほしいです。子どもたちみたいに、素直に。

 

あなたの「将来の夢」は何ですか?

 

 

Mako.

カテゴリー: アスティ, インテンシブクラス, カトレア文化教室, コンクール, コンテンポラリー, ボーイズクラス, 公演, 四日市スタジオ, 尾張旭スタジオ, 本部スタジオ, 毎日文化センター, 発表会 |

全国舞踊コンクール2014

☆☆スプリングキャンペーン実施中!!☆☆

 

こんばんは。

お久しぶりです!中村真子です。なかなか更新できず、すみません(>_<)

 

全国舞踊コンクール結果

パ・ド・ドゥ部門:畑戸利江子ちゃん 第2位

ジュニア部:永田瑞穂ちゃん 入賞8位

二人とも、おめでとう!

 

全国舞踊コンクールは、なんと今年で、第71回!予選からハイレベルで、1つのミスも許されない…という印象を受けました。決選なんて、第二部門(8歳~の小さい子の部門)でも大人顔負けの踊り。

どの部門も、基礎も技術も超がつくほど素晴らしく、頭を鈍器で殴られたような気分になりました。誇張しているわけではなく、本当に素晴らしかった!

 

私たち講師は、日頃のお稽古で、アンディオールやつま先、膝を伸ばすこと、床を押す、プリエの大切さ、基礎から技術的なことを様々な表現方法で指導しています。きっと注意を受けている生徒のみんなも、いつも同じことを言われて耳にタコができていることでしょう。

頭の中では「分かってるつもり」だと思うのですが、それではまだまだ!頭で分かって、体が覚えるまでは、踊りの中で何も魅せることが出来ません。コンクールは自分を知るための通過点。結果が出るのは当たり前!順位云々の前に、自分には何が足らなかったのか、よく考えて欲しいと思います。バレエにゴールは無いですから。

自分では精一杯努力をしていても、上にはもっともーっと自分より努力している人がいます。自分に厳しく!今後もお稽古に励んでね!(^^*)

 

コンクール中の写真♪少ないですが…↓

 

Mako.

カテゴリー: コンクール, 四日市スタジオ, 本部スタジオ |