オアシス稽古


晴天の中、10月5日の公演の演奏者初合わせのために再び志多らの里、奥三河東栄町の山の中へ。今回は作曲の宗川諭理夫氏とサックスカルテットの4人、ピアニストの若林律子さんの7人で東栄町まで。途中東栄町に住んでいるパーカッションの渡津書さんと合流し志多ら本部へ。

宗川さんの指揮のもと和太鼓とサックス、ピアノ、パーカッションがまざりあってとてもエキサイティングなリハーサルでした!

 

リハーサルの様子はここをクリック!!

和太鼓の楽譜とは全然違うので、最初楽譜を見たときは苦戦しまくっていた志多らメンバーはこの時にはほぼ暗譜してきてました。

サックスカルテットの瀧彬友さん、渡辺志穂さん、川地立真さん、國分実加さん。

ピアニストの若林律子さん、パーカッションの渡津書さん。

 

本番では全員舞台上での演奏になります!

 

さて振付のほうも着々と進んでいて、先日のリハーサルでもダンサーのみんなも全身筋肉痛になりそうな振付にエネルギッシュにとりくんでくれました!

 

次回はダンサーの様子をお知らせします!

 

あいちトリエンナーレ祝祭ウィーク参加事業

テアトル・ド・バレエカンパニー公演 Next Spring

「火の鳥」「OASIS」

2013年10月05日(土)14:00/18:00

愛知県芸術劇場大ホールにて!

チケットは7月6日(土)発売予定!052-723-1927

もしくはチケットぴあ、ローソンチケットにて取り扱い!

 


カテゴリー: コンテンポラリー, 公演   パーマリンク

コメントは受け付けていません。