ペルミ国際バレエコンクール(Arabesque‐2018 in Perm )


ご無沙汰な更新になってしまいました!

昨日からロシアで開催されているArabesque アラベスク-2018 in Perm (ペルミ国際バレエコンクール)にスタジオから加藤恵梨ちゃんと大菅祐未ちゃんがエントリーしています!

ペルミ市はモスクワから飛行機で2時間ほどいったところにある工業都市

モスクワから直線距離で1350キロほど。名古屋から札幌ってところでしょうかね。

バレエ団もロシアでボリショイ、マリンスキーに次ぐ大きさのペルミバレエ団があります。余談ですが、コーチとして付添をしている廣瀬尊子先生がヴァルナ国際バレエコンクールに出場した時のパートナーのスマグロフさんがバレエマスターをしているバレエ団です。

そのペルミ市で1990年以来2年に一度開催されているユースの為のバレエコンクールがArabesqueです。今回で15回目を迎えます。

二人は4月8日に名古屋を出発、モスクワにてお互いのパートナーとリハーサルをしたあと、昨日ペルミ入りしました。出場の順番を決めるくじ引きにて加藤恵梨ちゃんはシニアの60番、大菅祐未ちゃんはジュニアの30番!第一ラウンドは三日間にわかれていて各日マチネとソワレがおこなわれ、おそらくジュニアがマチネ、シニアがソワレとなります。番号から予測すると二人とも後半組(二日目か三日目)だとおもわれます。

コンペティションスケジュール

この劇場にて今日から第一ラウンドがスタートします!

みなさん応援よろしくお願いします!!

 


カテゴリー: 加藤恵梨, 国際コンクール, 国際バレエコンクール, 大菅祐未, 廣瀬尊子   パーマリンク

コメントは受け付けていません。